カラーLEDとテーマカラー

HOME

最新情報
2009年7月4日 

10進計算例

方程式の根

連分数計算例 

級数の和

モニター

2進計算例

フリップフロップ  

カラーモニター

カラーLEDと

テーマカラー

ベクトルの計算

3次元ベクトル

使い方

デジタル署名

平行四辺形や不等辺四辺形に内接する楕円

斜角錐の切断面に

内接する楕円

4点を通る楕円
3点を通る楕円

5点を通る楕円

幾何ツール

ユーザー定義セル

マネージャとエディター

「ここに貼る」ツール

雲型・波型バルーン

文字型の図形

斜体文字の図形

テキストの虫眼鏡

ほんとうに虫眼鏡

「シンデレラ」で楕円

オブジェクト選択

ツール

ドキュメントのシェイプシートのセクションの複写

楕円弧を閉じる

 VisioでWordArt

 

 

[-a-]をアットマークに入れかえてね。

Visioで配管

アイソメ図

英語バージョン

 

カラーLED

 

 

 

 

 


 論理計算用ステンシルにある、LEDは点灯したときに赤色になりますが、その他の色にもできるようにしました。


 ステンシルからLEDを図面の上にドロップしたあと、LEDをダブルクリックするか、マウスの右ボタンを押して、メニュー "Change Color" をクリックすると、上の図のようなダイアログが出ます。そのダイアログから、カラーを選択して [OK] ボタンを押してください。そうすると、LEDへの入力がTRUEまたは、1になった時に、LEDがその色で点灯します。用意されているカラーは、Black ,White, Red, Green, Blue, Yellow 6種類です。 なお、LEDのカラーは、図面のテーマカラーを変更しても、変化しないようになっています。
 

コネクターのカラー


 論理計算のコネクターの、TRUEの場合のカラーを変えられるようにしました。コネクターのカラーを変えると、下図のように、TRUEとFALSEがわかりやすくなります。コネクターがFALSEの場合のカラーは黒です。しかし、テーマカラーを適用すると、背景色が暗い場合は白に変わります。そのほかの背景色の場合、微妙に変化します。
 コネクターのカラーを変えるには、コネクターをダブルクリックするか、マウスの右ボタンを押してメニュー「Edit Data」を選択し、ダイアログでカラーを選択し、 [OK] ボタンを押します。コネクターのカラーバリエーションも、LEDの場合と同じで、Black ,White, Red, Green, Blue, Yellow の6種類です。上下の図で、コネクターがFALSEの場合のカラーが真っ黒でないのは、テーマカラーによって、変わるからです。しかし、LEDのカラーと、コネクターがTRUEの場合は、テーマカラーの影響を受けないようにしてあります。
  


 10進計算の場合のコネクターのカラーは黒だけですが、テーマカラーを変化させると、下図のように、テーマに応じて変化します。
 


LEDやコネクターがたくさんある場合


 LEDやコネクターがたくさんある場合、カラーを変えるために、LEDやコネクターを一つづつ選んで、カラーを変更するのでは、大変です。そういう場合は、カラーを変更したいLEDやコネクターを、シフトキーを押したまま選択して、メニュー、 データ、図形データで、カラーを変更すれば、一括変更することができます。 また、コネクターのカラーを全部変更したいときは、別の方法があります。 それは、メニュー 編集の中にある「種類によって選択」を使う方法です。このメニューを選択するとダイアログが出ますので、レイヤ、コネクタ、の順に選んで、 [OK] ボタンを押します。そうすると、コネクターだけが、すべて選択されますので、先ほどと同様に、メニュー 、データ、図形データでカラーを変更します。 そのほかに、図面ステンシルを表示させて、図面ステンシルの中にあるコネクターをダブルクリックしてカラーを変更する方法もありますが、上の方法で、すでにカラーを変更した後では、効果がありません。
 

テーマカラー


 テーマカラーは、Visio2007でかなり良い機能になりました。一味違ったフローチャートに仕上げるには、とても便利な機能です。テーマカラーを使うには、まず、Visioエキストラの中の「背景」というステンシルから、好みのマスターを、図面のページにドロップして、ページの背景を設定します。次に、メニュー「書式」から、「テーマ」を選択すると、画面の右端に、テーマカラーの一覧が出てくるので、その中から、好みのテーマカラーを選択します。
 テーマカラーを適用すると、背景のカラー、および図形のカラーが変化します。 新しいカラーモニターのスクリーンの色も、変化しますが、下図のように、背景の色より少し明るい色になるようにしてあります。 すでに、ご説明したのですが、LEDのカラー、コネクターのTRUEまたは1のときのカラーは、テーマカラーが変わっても、変わらないようにしてあります。ただ、10進計算のコネクタはカラーの変化がありませんので、テーマカラーの影響をそのまま受けるようになっています。
 



 

テーマカラーの仕組みに関する話題


 テーマカラーを適用してもLEDが影響を受けないようにするためには、Visioのシェイプシートの  GUARD 関数を使っています。 しかし、コネクターの場合は、TRUEまたは1の場合は影響を受けないよう、FALSEまたは0の場合は、影響を受けるようにしてあります。 このようにしないと背景色が暗い場合、コネクターが見えなくなってしまいます。 この場合は GUARD 関数は使えません。 この場合は、THEMEGUARD 関数を使っています。 また、テーマカラーが適用されているかどうかを判定するためには、Visioのシェイプシートの IF 関数と CELLISTHEMED 関数を使っています。 個人的な感想ですが、この CELLISTHEMED 関数は、大変不思議な関数です。 ほかのシェイプシート関数とは、ちょっと動き方が違います。 ご興味のある方は、研究してみるとよいと思います。 ただし、CELLISTHEMED 関数については、HELPやオンラインのサイトにも、あまり分かりやすい説明がありませんので、実際に動かしてよく観察するとよいと思います。
 

 

バージョンアップの方法

 

 


 従来の LED やカラーモニターやコネクターを使って描いたフローチャートは、どのようにしたら、バージョンアップできるのでしょうか? これは、当然の疑問ですが、実は完全に自動的な方法はありません。 しかし、コネクターに関しては、論理計算の場合と、10進計算の場合には、VBAのマクロでバージョンアップできるようにしてあります。 そのほかのカラーモニターやLEDについては、手作業で置き換えていただくしか方法がありません。

コネクターのバージョンアップは、論理計算の場合は、mdlUpdateConnectorsの中にあるrunReplace関数、10進計算の場合は、mdlUpdateConnectorsの中にあるUpdateConnectors関数を使います。 これらの関数を使うと、コネクターをアップデートし、背景色を挿入し、テーマカラーを設定することも、同時にします。ただし、これらの関数もあくまでも試験的なものですので、完全なものではありません 不具合があっても、責任はもてません。

 

 

==> バージョンアップされたサンプル図面のダウンロード

 

 

 

 

このページのTOPに戻る